ここ半年ほど、iPhoneとMacを同期させていなかったので、久しぶりに同期させてみたら……

iTunesにiPhoneが出てこない!!
しかも、その状態になるとiTunesが終了できなくなる!


という状態になってしまいました。

Iphoneplace

…… 3時間ほど試行錯誤してなんとか回復したので、その方法を紹介します。

原因を特定する

まず、特定しなければいけないことは「なんで認識されないのか?」ということ。
iTunesの中で何が起こっているのかはわからないので、iPhoneが悪いのか、iTunesが悪いのか、USBケーブルの不良か?など、考えられる原因をチェックしていきます。


1. USBが接続不良でないことを確認するため、他にiPhoneを認識するアプリを起動してみる


「写真」アプリや、「イメージキャプチャ」もiPhoneを自動認識します。認識するようならばUSBの接続は正常です。ダメならば、接続するUSBポートの位置やケーブルを変更してみましょう。

Imagecapture

2.iTunesの過去の不具合にそのようなものがないかをググる


とりあえず、ネット上で同じトラブルが発生していないかを確認します。キーワードは「iTunes 不具合 iPhone」くらいでしょうか?
同期の不具合というのは見つかりますが、同じような現象はないようです。
ということで、iTunesの不具合ではなさそう……

3.不正な状態になっているプログラムを排除するためOSを再起動してみる


パソコンを使い続けていると、画面に出てこない不正なプログラムが終了せずそのまま残ったりすることがあります。
それらがiTunesとiPhoneの接続を阻害している可能性を調べるため、Mac(Windows)を再起動 してみます。
再起動することで、目に見えないトラブルが発生していない状態に戻せます。

4. iPhoneが不正になっていないかを確認するためiPhoneを再起動してみる


iPhoneのスリープボタンを長押しして、電源をOFFにし、再度スリープボタンを押して電源をONにします。

Iphone stop

…… 接続が復活しました。これが原因のようです。


iPhoneが不調になったということは、iPhoneに最近行った操作が原因である可能性が高いです。
思い出してみると、最近iPhoneにいくつかアプリをインストールした以外は特に、特殊な操作はしていません。

ということで、以下のメンテナンスをしてみました。

・最近インストールした“怪しげなアプリ”を削除
・もう一度iPhoneを再起動


“怪しげなアプリ”というのは、偏見があるかもしれませんが、以下のようなアプリだと個人的には思っています。

・フリーソフトで広告がやたら目立つ
・単純な機能で、似たような機能を持つアプリがAppStoreに溢れている


…… フリーソフトというのは大手でもない限り作りが甘いものが多いです。不具合によってiPhoneを不調にさせる可能性があります。使わないアプリも含めて、定期的に整理したいですね。