36b4efc15d08de08b7c66b7e92273de5_m

ごく稀に、USBメモリを挿入してもMacのFinder上にでてこなくなることがあります。USBメモリの個体差もあるようですが、頻繁に抜き差しをしていたりMacを強制リセットするとよく発生するようです。

この状態になると、別のMacにUSBメモリを接続してもMacを再起動してもだめ。

少しの間、USBメモリを接続せずに放置してから再接続すると治ってしまうことも多い現象ですが、なんとも気持ち悪いのですぐ直す方法を紹介。

修正方法はいたって簡単ですが、ターミナルでの操作が必要になります。ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行します。その後USBメモリを1回〜2回抜き差しします。
rm /var/tmp/filesystemui.socket
usbmemoryfukkatu

ようは「filesystemui.socket」という一時ファイルを削除して、USBメモリを再接続するだけ。
v いたってシンプルな方法ですが、私が試した限りでは100%改善しました。USB接続のハードディスクなどでも効果があるようです。

もちろん、USBメモリが本当に壊れている場合はこの方法でも接続できないかもしれないので、ご注意ください。